【男の妊活】元気のいい精子を作るには亜鉛だけでは足りない

【男の妊活】元気のいい精子を作るには亜鉛だけでは足りない

 

 

自然妊娠にしても、医療施設での人工授精、体外受精にしても、妊娠に成功するために必要になるのが元気のいい精子です。

 

 

男性側に原因があって起こる不妊、いわゆる男性不妊。

 

 

その多くは「精子の量と質」に問題がある場合に起こるものです。

 

 

精子は胎児の種子になるものなので、濃度や運動率が高い質のいい状態のものが多くあるほど、子宝に恵まれやすくなります。

 

 

精子・精液は体内で作られる細胞組織ですから、私たちが日ごろ食べているものから製造されていることになります。

 

 

つまり精子の状態は、男性の健康状態と栄養が足りているかのバロメーターになるのだと言えるのですね。

 

 

 

良い精子は栄養豊富な体から生まれる

 

精子がしっかりと作られない「乏精子症」と呼ばれる不妊症状があります。

 

 

射精された精液中の精子濃度が2000万/mlより低い場合につけられる病名です。

 

 

その中でも段階があって、精子濃度が正常値をわずかに下回るものから、ほぼ0に近い場合までさまざま。

 

 

乏精子症が身体的な異常のために起こっているときは、病院ではその異常を治療することになり、そうでない場合は非内分泌療法が行われることになります。

 

 

非内分泌療法というのは薬品やホルモン剤を使わない療法のこと。

 

 

男性不妊症の場合は漢方やビタミン剤を使うことが多いようです。

 

 

要するに、栄養を補給して体を健やかな状態に導いて、精子の元気をアップしようという方法なのですね。

 

 

このときには一般的に、医師から食生活の栄養管理についてもアドバイスがされることが多いです。

 

 

 

必要なのは亜鉛だけじゃない

 

質の良い精子をたくさん作るためには栄養が充分なほうがいい。

 

 

そして食事だけでは足りない栄養分があるなら、サプリメントなどを利用することで効率的に補給することができますよね。

 

 

ここで、思いつく成分に「亜鉛」があります。

 

 

亜鉛は精子の生産に役立つ有効成分だとして知られています。

 

 

亜鉛サプリでならたっぷりと摂れるので、飲んでいる人もいるかもしれません。

 

 

こういった製品ですね。↓

 

【海乳EX】

 

 

 

もちろん亜鉛は精子・精液の製造に欠かせない栄養素です。

 

 

原材料となるものですし、実際精液中に高濃度で含まれています。

 

 

ただ、亜鉛さえ摂っていればいいのかというと、そうではないんですね。

 

 

 

一番大事なのは性ホルモンの分泌アップ

 

男性の性機能をつかさどるものと言えば男性ホルモン。

 

 

なかでも精巣から分泌されるテストステロンは、生殖機能そのものに大きな影響を与えるホルモンになります。

 

 

亜鉛やアミノ酸の一種アルギニンなどは精子の構成要素ではあるものの、生産の責任を持つ栄養分ではないのです。

 

 

テストステロンが正しく働いて指示を出し、ほかのビタミン類やミネラル類との協力のもとに精子は生み出されています。

 

 

その男性ホルモンを高めるためには、体全体の滋養が強くなるあらゆる栄養分が必要です。

 

 

つまり、ひとつやふたつ有効成分を摂取してもまるで足りないということ。

 

 

妊娠に至りやすい質の高い精子を作るには、男性機能がトータルケアされることが重要なんですね。

 

 

通常であれば、栄養価のバランスのとれた食生活で改善ははかれるのですが、不妊に悩む男性なら、多少は精力的な元気のなさも感じているのではないでしょうか?

 

 

それもテストステロン減少の影響を受けやすい部分ですからね。

 

 

となれば、男性機能に直接作用してくれる各種成分が濃縮配合されている精力剤サプリを選ぶのがベストだといえます。

 

 

実力派を厳選 精力&勃起力をアップする精力剤!

最高品質の男性用サプリを徹底解説!

 

 

人気の関連記事

 

実力派を厳選!精力&勃起サプリランキング

 

 

最高品質の精力サプリ【クラチャイダムゴールド】を徹底解説!

 

 

男の自信を取り戻す!中折れ対策サプリランキング

 

 

性欲がつくサプリはこの2種類!必須条件と選び方

 

 


トップページ 精力回復サプリランキング 精力&増大サプリランキング 中折れ解消サプリランキング